忍者ブログ
[20] [19] [18] [17] [16] [14] [13] [12] [11] [10] [9
Posted by - 2017.12.13,Wed
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by 一平 - 2011.02.24,Thu
 読書感想が電話でも寄せられる。蒲郡町三谷小学校の教師であった峯子の教え子が峯子先生について、豊橋歩兵十八連隊で大場栄と一緒だったという人が歩兵の苦しさを・・・。手紙が70年前の記憶を引きずり出すように蘇らせ、そのことを誰に話したらよいのか、聞いてくれるであろうと出版社に電話が入る。日中戦争時代の十八連隊の動きは、書物も読んでもイメージできない。サイパンでは数日間で4万人近い日本兵が殺されていく現場をどうやっても思い浮かべることができないように、大場栄の属した豊橋歩兵十八連隊が7年間も中国大陸を転戦した様子は、戦争体験をしたものでないとわからない。戦火のラブレターに大場栄は実に具体的に戦場の悲惨さを書き残している。戦争は人を殺しあうことだ。毎日が生きるか死ぬか、の日々である。あなぐらで寝泊まりし、大根をかじって何日も過ごす。栄は敵兵士と殺し合った日本刀を何本替えたであろうか。手紙は実にリアルである。
しかし、転戦場所、移動方法が不明であった。
広大な中国大陸の日本兵は中国人民に囲まれ、監視されていた。十八連隊がいつどこに移動するのか?それを知るために野戦郵便局が狙われた。家族に送った手紙から移動先や日本軍の動きを知るためだからだ。そのため手紙には転戦場所や移動方法は書かれていない。伏せ字である。
電話をくれた人からそれらを知ることができた。移動のための偽装工作を行い、移動は深夜に近くの駅まで歩き、軍用列車の貨車にのり、何十㎞も窓を閉めっきったまま移動したという。つづく
PR
Comments
戦火のラブレター動画
遅くなってしまいましたが、
もしまだ観たいと思われる方にご紹介いたします。
2本ありました。
それぞれ前後篇に分かれています。
http://obaloveletter.blog.shinobi.jp/Entry/204/
Posted by 大場書簡を読み解く会 - URL 2011.03.05,Sat 13:59:55 / Edit
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
 伏せ字の戦況
戦場の様子は、検閲もあって 詳しくは書けなかったようです。 漢口攻略戦線かと思われる部分は 伏せ字の○○で、こんな記述になっています。 栄の手紙より一部引用=== ○○開始してより五日目、 まず○○を根壕とする兵力五千、新編○○軍を血祭にあげ その後長江を溯上、○○に上陸。 ○○より○○攻略の第一線に○○する筈です。 一昨日より一小部落に○○中。今夕より○○します。 元気のよい○○師団の銃剣術の気合が、 クリークの向こうから朝の静けさを破って聞こえて来ます。 ...
大場栄と峯子の「戦火のラブレター」 - URL 2011.02.25,Fri at 08:27:51
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[03/05 大場書簡を読み解く会]
プロフィール
HN:
一平
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]