忍者ブログ
[20] [19] [18] [17] [16] [14] [13
Posted by - 2017.12.13,Wed
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by 一平 - 2012.02.01,Wed

  Hi! みのり ニューヨークシティ・マラソンとその後ができた経緯                              

 中王子みのりさんがニューヨークシティ・マラソンに参加したのは二○○六年のことでした。視覚障がいと車椅子生活の二重のハンディをもった選手が完走したのは初めてであったことから当時マスコミにも取り上げられました。彼女はその後もマラソンを続けたかったのでしょうが、病魔が彼女を縛ります。この本はニューヨークシティ・マラソンからその後の出来事を、彼女が綴ったエッセーです。
 私がみのりさんと会ったのは手術の数か月後、新潟の温泉で行われた「『水俣』を子どもたちに伝えるネットワーク」の総会に一緒に参加した時でした。みのりさんは様々な福祉の市民運動に参加し、水俣病を伝える写真展では点訳のボランティアをしていました。
 私は障がいのある人と旅行するのは初めてで、駅ホームでのエレベーター探しと連絡通路までの不備を初めて経験しました。新潟までの道中、みのりさんは初対面の同乗者にもとてもお喋りでした。
 ニューヨークシティ・マラソンに参加した話、海外留学の苦労話、福祉行政の問題点など、その内容は面白く、たえず笑いが伴っていました。話の中でパソコンを駆使し、ホームページを開設しているともいっていました。
 翌朝の大部屋での朝食に私は彼女の隣に座り、何度か「これは美味しいね」と語りかけたところ、あいづちがないので、彼女を見てみると、彼女は彼女自身に話しかけられたことに気付かないようでした。「みのりさん」と呼びかけて話さない限り、彼女にとっては、私が誰かと会話していると思っているようでした。数十人が食事をしている雑音の中で、みのりさんは自力でお膳に挑戦していました。お膳には箸、ご飯、みそ汁、湯のみ、シャケ、山菜、漬け物、透明シートに包まれた海苔、改めて見てみるとなんと品数の多いことか。彼女はお膳の端から手探りで割り箸を持ち、小皿を探っていきます。割り箸の包み紙などかえって不便だなと思いながら、私は黙って朝食を食べました。彼女は時間をかけて食べ終えましたが、こちらも何か力が入ったのか、ホッとした思い出があります。私の知らない視覚障がい者の世界がそこにありました。
 新潟旅行の後、彼女のホームページを開いてみると、さっそく新潟の話が載っていました。視力がないのにどうやって文章を書くのだろうか? という疑問を持ちながら、数か年分を読んでみると、私たちには理解できない障害者の不自由さとトラブル、そういうところをとてもユーモラスに描かれ、視覚障がい者の現状を具体的に伝え、彼女は細い体で戦っていました。
 例えば、ヘルパーの移動介助制度の改善により、これからはお金がかかると言われた時、みのりさんは「たいていはここでみんな引き下がっちゃう。ここで引き下がらないのが私、ハッハッハ」と鉢巻を締めます。力みもあるでしょうが、納得のいかない福祉行政には障がい者の先頭に立って働きたいというみのりさんの決意を感じます。
 また、難病で歩くことが不自由になり、病院で新しい足の装具を付けて立った瞬間、みのりさんは「カクカク」と歩き、「げ! ロボットみたい」と笑わせ、同情する周囲の人への気配りを忘れません。
 こういった優しさや思いやりの言葉や病床から書かれた前向きな生き方は、私たちに何度もくじけずに元気に生きる大切さを教えてくれていると思いました。これはもっと多くの人たちに読んでもらうべき価値のあるものだ、と思いました。
  私の出版の勧めにみのりさんは「本を出すなんて」と暫くの間、固辞されましたが、友人の皆さんから「みのりちゃんの本は障がいの人も健常の人もみんなを元気にさせる何かを持っているよ、ぜひ、出版して」との声援があがり、本にすることになりました。

PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[03/05 大場書簡を読み解く会]
プロフィール
HN:
一平
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]