忍者ブログ
[8] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1
Posted by - 2017.12.13,Wed
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by 一平 - 2011.02.02,Wed

サイパンは小さな島であった。中央にあるタッポーチョという山に登ると、島の全景が見渡せた。北が日本、南のあの島がテニアン、その向こうがグァムと指さす美しい珊瑚礁の向こうに水平線が見えた。アメリカ軍が上陸するとき、この水平線は無数の軍艦に囲まれ見えなかったとガイドが説明してくれた。至る所に砲弾の跡があり、70年後の今でも艦砲射撃の凄まじさを見ることができた。印象的だったのは、南洋であるから椰子やバナナとツルなどに囲まれたジャングルを想像していたが見慣れた樹木草が生え、日本の山と変わらない気がしたことだ。尋ねてみると、サイパン守衛隊は日本から何種類かの穀物や植物の種を持って植えたそうである。

 犠牲になったアメリカ兵の墓地は美しくと整理されていた。日本人犠牲者の慰霊碑や墓石が散在していた。硫黄島も、沖縄も、フィリッピンもそうだが、サイパンは日本人犠牲者が3万人なのか45千人なのか資料によって異なったままである。犠牲者の名前も数字も書かれていない本政府の建てた慰霊碑で合掌した。

サイパンの住民が万歳と言いながら身を投げたバンザイクリフやサイパン高等女学校の教師や生徒が身を投げた別の崖などは涙を誘った。

 また、今では日本では見ることができない天皇の写真と教育勅語が納められていた奉安庫が在サイパン日本人の手によって、小学校跡地に保存されていた。                            つづく

PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[03/05 大場書簡を読み解く会]
プロフィール
HN:
一平
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]